車を現金買取してもらうために必要な書類とは?

今すぐ現金が必要なら車を買取してもらおう

車を現金買取してもらうために必要な書類とは?

自動車

実はたくさん必要な書類

乗らなくなったり、新しい車を買うと今まで使っていた車は必要無くなります。要らない車がある場合は多くの方が業者に買取をしてもらいますが、この時に必要となる書類がたくさんあります。いざ車を売る時に困ってしまわないように、今のうちに確認しておきましょう。ここからは車の売却時に必要となる書類を解説していきます。

軽自動車を売却する時に必要となる書類

自動車検査証が必要になりますが、今住んでいる住所と名前を確認してください。次に必要になるのが、自賠責保険証明書です。軽自動車納税証明書も必要になりますが、ない場合は役所で発行してもらうことが出来ます。印鑑が必要になりますが、認印でも大丈夫です。買取したお金を振り込むための振込口座情報が必要になります。預託済みの場合はリサイクル券が必要になります。

普通自動車を売却する時に必要となる書類

自動車検査証は軽自動車と同じで現住所と氏名が合ってるか確認して下さい。発行後一ヶ月以内の印鑑登録証明書が2通必要になります。自賠責保険証明書と自動車納税証明書も軽自動車と同じで必要になります。普通自動車の場合は、認印ではダメなので実印が必要になります。振込口座情報とリサイクル券も軽自動車と同じで用意して下さい。

書類を準備する時に出てくる疑問

自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が異なっているは、更に必要な書類が増えてしまいます。住所変更を一回のみ行なった場合は上記の書類に加えて住民票が必要になります。住所変更が複数回行なった場合は、戸籍の附票か住民票の除票のどちらかひとつの準備が必要になります。姓が何らかの理由で変わっている方は戸籍謄本が必要です。

手続きを代行してくれる

最近では車の買取を行なっている業者が必要書類の準備を行なってくれるところが多いです。要らない車を自分の会社に売ってもらうために様々な工夫を行なっている買取業者ですが、その場で現金支払で買取を行なっている所もあります。提供されているサービスをうまく活用して車を売却しましょう。